FC2ブログ
2020 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 10
号泣
2010/02/28(Sun)
先生から子宮肉腫と告知され、子宮全摘と言われた瞬間に涙が溢れ出てきた・・・。
普段人前では、特に親の前では絶対というほど泣かない私だったけど涙が止まらなかった。
その後の先生の説明はずっと泣きながら聞いていた。


セカンドオピニオンを、というなら紹介状も用意するけど
多分この病気自体まれで治療法が確立していないからどこにいっても同じだと思う・・・と先生。


そして肉腫は成長が早いから、もし他に転移していたら命の危険もあるかもしれない…
だから手術は早急にした方がいい・・・
とりあえず翌週の木曜日に手術室はもう押さえてある・・・ということだった。




何も考えられなかった・・・。
私には命の危険とかそういうことは全く頭に入ってこなかった。
ただただ「子供を産めなくなる」というそのことだけが頭から離れず他のコトは何も考えられなかった・・・。



心配性な母だから取り乱すんじゃないかと思っていたら意外や意外・・・。
母はやっぱり母だった。
取り乱すことなく、毅然とふるまい、先生の話をしっかり聞いていた。


そして「命の危険」に反応した母はセカンドオピニオンよりも早急な手術を選択し翌週の手術に同意した。



私は…私は何も考えられずただただ泣きながら頷いていた。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



一応県内では大きい病院で診てもらっているし、セカンドオピニオンといっても「どこで?」という感じで
その時は東京へ行くとかそういう考えや行動力は全くなかった…。


でもこの時、泣くばかりで何も考えず行動を起こすことが出来なかった事が後になって悔やまれる事も…。






スポンサーサイト



この記事のURL | 病気のこと | CM(2) | ▲ top
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/02 17:30  | | #[ 編集] ▲ top
- Tさんへ -
やっぱり「母は強し」ですね。。
普段はトンチンカンなコトばっか言って全然頼りないんですけどねぇ(笑)

とても冷静には考えられないですよね。
なんでなんで??って考えることっていったらそれだけでした。
考えても理由なんかないからまた泣いて・・・の繰り返しですよね(T^T)
全てが終わって落ち着いてから「別の選択があったのでは?」って今も思うことあります。
特に卵巣に関しては…。
2010/03/03 12:51  | URL | ミカン #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

| メイン |