FC2ブログ
2010 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2010 07
良かった☆
2010/06/28(Mon)

先日、定期検診の結果を聞きに病院へ。

4年前からずっと検査の結果はクラスⅢa…
今回ようやくクラスⅠ、正常に復活しました!!
良かったぁ~

このクラスⅢaって、HPVウイルス感染による異形成ってヤツ・・・。
昨年ようやくワクチンが承認され今色々と話題ですよね。

子宮頚癌はこのウイルス感染が原因となっているから
10代の子にワクチン接種を義務化するとか補助を出すとか…って。



子宮肉腫になって、手術・抗癌剤治療が終わったあとずっと定期検診に通っていて
術後6年の検診の時に初めて異形成と言われました。

その時はいきなりの「Ⅲb」という結果だったらしく
念のためもう一度検査を…といって再検査をしたら「Ⅲa」だったので
とりあえず様子見ということで3ヵ月後に再検査をすることに。

「このウイルスは性交経験のある女性のほとんどの人が持っているモノ。
でもそのほとんどの人が自己免疫力でなくなっていく。
ただ稀にいつまでもなくならず、そのまま癌化する人もいる」という説明だった。

3ヵ月後、結果は変わらずⅢa。
その頃定期検診は半年に1回になっていたけど、
しばらくまた3ヵ月毎に検診に通うことに…。


最初に異形成と聞かされた時は『ドキッ』として怖かったけど
「みんな感染しているけど免疫力でなくなっていく」という話だったので
ちょっとホッとしてさほど深刻には考えていませんでした。
でも、1年2年とずっとⅢaのまま変わらないとなると段々不安になってくる。

先生も最初は「心配しなくても大丈夫ですよ」というような感じだったけど
やっぱりいつまでもなくならないとなると…ね。
その内、ワクチンの話や癌化しやすいウイルスか調べるコトが出来るという話をしてくれた。

まぁワクチンはまだ日本では承認されてなかったし、されてても既感染者には効かないとか。
それにウイルスも調べたところで今すぐどうこうする訳でもないって。
まず子宮がもう無いわけだし・・・

で、結局そのまま経過観察のみを続ける日々。


ようやく今回正常になってホンット一安心です( ´―`)
またいつかⅢaになったとしても、「大丈夫!!」って思えるし
自分で「大丈夫」思っていればそうなるように免疫力も頑張って働いてくれるんじゃないかなって。


はぁ~良かった!!



スポンサーサイト



この記事のURL | 定期健診 | CM(4) | ▲ top
訴訟の話
2010/06/13(Sun)

もう先月のコトになりますが、
26歳の女性が子宮肉腫で亡くなり両親が訴訟したという話。


この間コメントいただいてそういうコトがあったことを知り
「26歳」という当時の私と同じ年齢で同じ病気ということが気になり
新聞記事などなど読んでみました。


難しいですね。
25歳の時にポリープを摘出し、『良性の偽肉腫』の可能性が高いと診断されたんですよね。


私自身26歳の時、子宮筋腫ということで手術をしたら
その中に高悪性度の肉腫があり最低限子宮と卵巣の全摘を…と言われたけど

肉腫と言われても、高悪性度と言われても、それでもやっぱり残せるものなら残したかった。
良性の可能性が高いというなら間違いなく経過観察を希望します。


良性か悪性かって、細胞診や組織診ではっきり分からないんですかね…


確かに私も生理痛と不正出血が続き最初に婦人科を受診した時
一部取って細胞診か組織診の検査をしたはずなのにその時は癌には引っかからなかった。


だから筋腫の手術の後、病理診の結果について先生に呼び出された時
まさかガンという告知を受けるとは思いもしなかった。


初期ガンって子宮全体がガンに侵されている訳ではなく検査する場所によって良性になっちゃうのかな。
悪性なのはごく一部。しっかり全部を検査するとなると全摘しかない…ってこと??
でも検査で全摘なんてありえないですもんね…


肉腫の形をしてるけど良性…そんなのはものすごくマレのようだけど
でも年齢を考えれば悪性と確定していないモノで全摘とは先生も言えないですよね。


ご家族の方は「黒に近いグレーなら家族で説得していた」ということだけど
私だったらいくら黒に近くてもグレーの段階で全摘に踏み切れたか?というとNOです。


グレーで全摘をしていたら・・・
黒で全摘をした私でさえ、今でも悲しいと思うコトある。
それでもしょうがないと諦めるしかないから今は冷静でいられる。
でもそれがグレーだったら…しょうがないって割り切るコトが出来ないと思う。



ただ、1年後の大量出血で開腹したら腹部にも転移って…。
経過観察ってどれくらいの間隔でどんな検査をしてきたんだろうとそこが引っかかる。


「良性の可能性が高い」ということで良性と確定していた訳じゃない。
まだ悪性の可能性だって少なからずあったはず。
だったらなんでもっと早く悪性という診断がおりなかったのか…。


1年前の診断の結果が誤診だったのかどうかということよりも
なぜそこまで気付かなかったのかってことが気になります。



あと向井氏の「妻なら子宮を取る」って発言、これもどうかと思いますね・・・。
ご家族への配慮というものが感じられない・・・(ーー;)


この記事のURL | 現在 | CM(6) | ▲ top
| メイン |